大宮応援生活-The Orange Time-

大宮アルディージャの応援ブログです。

第31節vsFC町田ゼルビア

NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャ 1-1 FC町田ゼルビアドローでした。

前半、3分櫛引クリアミスを拾われ失点してしまったアルディージャ。すぐさま反撃に出たいところでしたが、シモヴィッチにボールを集める作戦はことごとく機能はせず、前半を折り返します。

後半全く機能しない、むしろブレーキに感じるシモヴィッチポストプレーにこだわるアルディージャ。徐々に「前へ」の力を失うと、ドリブルを多投して前に出てくる町田の攻撃に押される展開になります。68分、ようやくシモヴィッチを諦めファンマを投入したアルディージャ。すると、再び「前へ」の力を取り戻し、73分ファンマからパスを受けた三門クロスファーサイドに入ってきたシノヅカヘディングシュートが決まり同点とします。これで息を吹き返したアルディージャ。何度か決定機を作りだしますが、相手GKの好守にも阻まれ逆転とはいかず、そのままドローに終わってしまいました。

自ら仕掛けることも無く、仲間の為にスペースを作ることも無く、競り合いはことごとく負け、むしろ攻撃の足かせにしか思えないシモヴィッチを68分間も使い続けた高木采配の失策と言っていい試合だと思います。今シーズンとても良い選手起用をしてきた高木監督でしたが、昨シーズンの石井監督のようにシモヴィッチ過度期待病にかかってしまったのでしょうか?
シモヴィッチの覚醒が先か?J2残留が先か?そんなバカげた試合は観たくありません。今シーズンもこのセリフを書かなければならないのが残念です。