大宮応援生活-The Orange Time-

大宮アルディージャの応援ブログです。

2019リーグ戦第13節vsレノファ山口FC

維新みらいふスタジアムで行われた試合は、レノファ山口FC 2-2 大宮アルディージャドローでした。

前半積極的に前へ出るアルディージャ。しかし、いい形は作るもののフィニッシュまではいかず、逆に36分FKファーサイドに抜けたボールを押し込まれ失点、リードを許して前半を折り返します。

後半、思うように山口の守備を崩すことが出来ないアルディージャ66分、67分、立て続けにバブンスキー小島を投入し打開を図ると、すぐさまビックチャンスを作るも相手GKの好セーブに阻まれゴールを奪うことができません。嫌な雰囲気が流れそうな展開でしたが、71分茨田ルーパスに飛び出した奥井クロスファンマが押し込み同点とすると、83分、左サイドを飛び出した河面クロス小島が決め逆転に成功します。何とかこのまま逃げ切り勝利したいアルディージャでしたが、90+1分PKを与えてしまい失点、ドローに終わってしまいました。

この試合あの程度のチャージはスルーしてPKを取らなかった吉田哲朗主審、唯一この時だけ笛を吹きPK判定悪意があると言われてもおかしくないクオリティーの低い判定に試合を壊されました。前節を受けての小島逆転弾、これで勝利できればさらにチームの士気が上がるいい機会だっただけに悔しい試合でした。