大宮応援生活-The Orange Time-

大宮アルディージャの応援ブログです。

第34節vsジュビロ磐田

ヤマハスタジアムで行われた今季最終戦は、大宮アルディージャ-0ジュビロ磐田で勝利し、J1残留を決めました。

前半、お互いJ1残留へ向けて一歩も譲れない試合、試合は膠着状態のまま前半を0-0で折り返します。後半、先に主導権を握ったのは磐田サイド攻撃から、何度もアルディージャゴールを脅かします。しかし、75分、この流れを変えるべき投入された土岐田がドリブルで切り込み、ラフリッチへスルーパス、一旦は弾かれたクロスを再びラフリッチが頭で折り返すと、そこに飛び込んだのは小林大悟、見事ヘディングシュートを決めアルディージャが先制します。これで追い詰められた磐田、ここから怒涛の攻撃を見せ、アルディージャゴールへ迫ります。江角を中心に全員で凌ぐアルディージャ。何度も決定的場面を作られながらも逃げ切り勝利しました。

終戦でようやくJ1残留を決めてくれました。試合的には磐田ペースでしたが、全員が集中して守り切っての勝利でした。