大宮応援生活-The Orange Time-

大宮アルディージャの応援ブログです。

第34節vs川崎フロンターレ

NACK5スタジアム大宮に行ってきました。引き分け以上で無条件、負けても得失点差11の範囲内ならJ1残留の決まるアルディージャ。リニューアル後初勝利を目指して臨んだ一戦は、大宮アルディージャ0-0川崎フロンターレドローでした。

前節の勝利でホッとしてしまったのか、リニューアル後初勝利のプレッシャーか、全体的に動きの悪いアルディージャ21分CKからゴールを決められ失点。前半を0-で折り返します。後半に入って、ようやく調子を取り戻したアルディージャ。しかし、いいクロスは入るものの、なかなかゴールを決めることができません。こののまま負けてしまうかと思われた、後半ロスタイム、最後の最後にドラマが待っていました。89分慶行のグラウンダーの早いパスを受けた斉藤が素早くターンしシュート、ボールはゴールネットを揺らし同点。今シーズン限りでの引退を決めている奥野のもとへ走る斉藤この共にアルディージャの創成期を戦ってきた戦友に捧げるゴールは、自身J1初ゴール、そしてアルディージャの自力でのJ1残留を決める一撃となりました。

アルディージャのサッカーはやはり4-4-2です。最後までバランスを崩すことなく戦えたと思います。一瞬シュートかと思うほどの慶行の速いパス(間違いなくその眼は斉藤を見ていました)、それをしっかりと受け止めゴールを決めた斉藤ベテランの技が光る試合でした。