大宮応援生活-The Orange Time-

大宮アルディージャの応援ブログです。

2020リーグ戦第12節vsレノファ山口

f:id:omiyawarabiht:20200816225641j:plain

維新みらいふスタジアムで行われた試合は、レノファ山口 -0 大宮アルディージャで負けてしまいました。

前半、リズムよく前へ出るアルディージャ。何度か決定的場面を作りますが、ことごとくフィニッシュがまとまらず、無得点のまま前半を折り返します。

後半、前に出てきた山口に思うように前へ出ることが出来ないアルディージャ。56分、右サイドからのクロスを合され失点、先制を許してしまいます。64分、髙田、戸島、69分、小野、73分、奥抜、三門を投入し反撃を試みるアルディージャ。しかし、前線から積極的にプレスをかけてくる山口の守備に、思うようにボールを回すことが出来ず、なかなか前へ出ることができません。結局、逃げ切られ負けてしまいました。

「取れる時に(点を)取っておかないと...」サッカーの試合ではよく言われることですが、まさにその通りの試合になってしまいました。過密日程に、猛暑、先取点がものを言う、それがかえってプレッシャーになっているのか、攻撃時の堅さがすこし気になりました。もう一つは、後半の攻撃フィールドプレーヤーGKクリャイッチの間に考え方の違いを感じました。山口守ってカウンターではなく、前線から積極的にプレスをかけていく戦術フィールドプレーヤーその裏のスペースを狙いたがっているようでしたが、クリャイッチロングボールを蹴ることはほとんどなく、DF陣にボールを預け、そこから押し上げていく方法固執していたように感じました。結局それが攻撃のちぐはぐを作っていたような気がします。