大宮応援生活-The Orange Time-

大宮アルディージャの応援ブログです。

第14節vsサガン鳥栖

ベストアメニティスタジアムで行われた試合は、サガン鳥栖1-1大宮アルディージャドローでした。

前半システム4-3-2-1に変え臨んだアルディージャ。何度か決定的場面を作りますが決めきれず、前半を折り返します。

後半48分家長クロス長谷川が頭で合わせ先制するアルディージャ。さらに勢いに乗って行きたいところでしたが、この試合、もう一人の敵がいました。鳥栖悪質なプレーはことごとく見逃し、アルディージャファールのみ厳格にとる井上知大主審判定。徐々に押され始めると、83分PKを与えてしまい失点してしまいます。その後もワンサイド判定に悩まされるアルディージャドローに終わってしまいました。

審判が試合をぶち壊した試合でした。菊地ユニホームが破れるほど引っ張られても(犯人は金民友?)、江角の顔めがけて足の裏をみせても(何故か江角イエローカード鳥栖にはカードが出ないなど、納得のいかない判定が多かったです。確かに、意味のないよそ見が多く技術の低い審判だとは思いますが、悪意があったと言われてもおかしくない判定でした。

結局、こんな後味が悪い試合でも、6億を左右する試合でも、「豊田が同点にした」だけがクローズアップされるんでしょうね。

新システム?4-3-2-1は、いい感じだったと思います。あとは、攻撃のアイディアをどれだけ増やせるかです。

にほんブログ村 サッカーブログ 大宮アルディージャへ
にほんブログ村