大宮応援生活-The Orange Time-

大宮アルディージャの応援ブログです。

第16節vs名古屋グランパス

名古屋市瑞穂陸上競技場で行われた試合は、名古屋グランパス2-2大宮アルディージャドローでした。

前半コンパクトで丁寧なサッカーで試合を優勢に進めるアルディージャ。何度か決定的場面を作るも決めきれず、逆にロスタイム失点してしまい前半を折り返します。

後半52分PKを与え失点してしまい窮地に立たされるアルディージャでしたが、67分村上気迫のラストパス青木がねじ込み1点差とすると、再びアルディージャが息を吹き返します。後半ロスタイムイ・チョンスインターセプトからのクロス石原スルーに走りこんだのは青木拓矢、見事ゴールネットを揺らし、ドローに終わりました。

「しっかりとした守備からの攻撃」、原点に戻ってのサッカーは良かったと思いますが、またしてもエアポケット(集中力の切れる時間帯)を作ってしまいました。負けていれば、昨シーズンまでに逆戻り、どうにか落ちる寸前で留まったアルディージャ、踏ん張りどころです。