大宮応援生活-The Orange Time-

大宮アルディージャの応援ブログです。

2nd第2節vsジュビロ磐田

ヤマハスタジアムで行われた試合は、ジュビロ磐田1-1大宮アルディージャドローでした。

前半、まったくといって連動を見せないFWに攻撃を作れないアルディージャ磐田高さを使った攻撃あわやという場面を作られますがディフェンス陣の踏ん張りもあり、凌ぎ前半を折り返します。

後半、前半同様攻撃を作れないアルディージャ磐田に押される展開に65分、ついに高さに崩され失点してしまいます。点を取り返しに出なくてはならなくなったアルディージャ江坂に代え清水を投入します。すると、80分清水とのコンビネーションで切り込んだ泉澤のクロス、ペチュニクが飛び込みゴール、同点とします。これで、勢いづいたアルディージャ90分河本ミドルシュートは惜しくもバーに弾かれその跳ね返り、混戦の中、清水シュートがゴールネットを揺らし逆転に成功したと思われましたが、まさかのアルディージャファール判定でのノーゴール、結局ドローに終わってしまいました。

まずは幻のゴールについて、明らかにシュート体制に入っていた河本背後から磐田の選手が足を入れてるのだから、アルディージャのファール判定を下した山本雄大主審の判定はおかしいとしか言いようがないと思います。誤審と言ってもいいと思います。

アルディージャの問題点としては、やはり連動しない両FW、江坂ペチュニク。それでも積極性があるペチュニクには救いがありますが、江坂酷いフリーでボールを持ってもすぐ横をむいて、パスの相手を探しボールを奪われてしまう消極的なプレーは、確実にチームの足を引っ張っていますの武器には、高速ドリブルもあるはず、なぜそれをださない?出し惜しみをするなら、スタメンの座を譲らざるを得ないと思います


にほんブログ村