大宮応援生活-The Orange Time-

大宮アルディージャの応援ブログです。

第4節vs柏レイソル

日立柏サッカー場で行われた試合は、柏レイソル2-2大宮アルディージャドローでした。

前半、主導権を握ったのはアルディージャ。しかし、最後の詰めがあまく、チャンスは作るもゴールを決めることができません。さらに30分に相手に退場者が出たことで、引かれてしまい、かえって難しい展開となり0-0で前半を折り返します。後半、何としてもの守りをこじ開けたいアルディージャは、小林慶行を投入し打開を計ります。慶行リズムのいいサイドチェンジで、再びペースを取り戻すアルディージャ52分、思わぬ落とし穴がありました、塚本が後ろにそらしたボールを奪われ失点、先制を許してしまいます。しかし、このピンチを救ったのも塚本でした。56分FK塚本が決め同点とします。これで勢いにのったルディージャは、88分主税のクロスをうけた途中出場内田気迫のゴールを流し込み逆転します。ところが、再び悪夢が襲います、ラストプレーと思われたロスタイム痛恨の失点、ドローに終わってしまいました。

まさに痛恨のドローでした。しかし、内田慶行が復帰し、若手とベテランの融合へ向け大きな一歩を踏み出した試合でもありました(だからこそ勝ちたかった)。

新井にとっては、最大のライバル小林慶行の復帰となってしまいましたが、この選手を乗り越えない限り、レギュラーを取ったとは言えないわけですから頑張ってもらいたいです。