大宮応援生活-The Orange Time-

大宮アルディージャの応援ブログです。

第19節vs清水エスパルス

選手入場直前に降り始めた豪雨のためキックオフが1時間30分遅れるというアクシデントの中、NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャ0-0清水エスパルスドローに終わりました。

前半、少しコンパクトさに欠け押し込まれるアルディージャ。相手を左に引きよせ村山フリーにすることで打開をはかろうとしますが、これが大誤算。前節同様動きの悪い村山、ことごとくチャンスを潰し、ピンチを作る有様。どうにか前半を0-0で折り返します。後半、パフォーマンスの上がらない村山を諦め、逆サイドからの攻撃を試みるアルディージャ。しかし、それは清水も百も承知。なかなか思うようにはさせてくれません。そこで、樋口監督森田を投入。高さが加わったことで徐々に好転し始めます。ところが、その後ラフリッチを入れたことで、FW3人の役割があいまいになり、またしてもちぐはぐ、結局ゴールは生まれず0-0ドローに終わりました。

ラフリッチを使うならマルケスと交代させるべき、3人同時にいれると役割が分かりづらくなるような気がします。しかしこの試合の最大の問題点大悟FKを蹴らせず橋本に代えたこと。「君はいらない、次からは橋本を使うよ」と言ったようなもの、本当にそれでいいのか?何かを掴みかけていた輝和を代えてみたりと、選手からの信頼失いつつあるのではないだろうか。