大宮応援生活-The Orange Time-

大宮アルディージャの応援ブログです。

第2節vs京都サンガFC

開幕戦を快勝で飾った樋口大宮アクションサッカー、その真価が問われる一戦でしたが、大宮アルディージャ1-京都サンガFC(西京極)で負けてしまいました。

高い位置から前へ前へと積極的に攻めるアルディージャでしたが、シジクレイを中心に守る京都の堅い守備をなかなか崩すことができません。しかしそれでも16分、高い位置でボールを奪った主税が飛び出すと、最後はそのパスを受けた吉原が決め先制。前半を-0で折り返します。ところが、後半早々、45分、なんとも力なくサイドを突破されると、最後はゴール前のもみ合いの中から押し込まれ失点。あっという間に同点にされてしまいます。これで勢いづいた京都にしばらくは膠着状態を保っていたアルディージャ。しかし、徐々に足が止まり始めると、81分ペナルティエリア前のこぼれ球を豪快に叩き込まれ失点。そのまま逃げ切られ負けてしましました。

最初の失点完全な油断として、2失点目は気になります。一見相手のスーパーゴールですが、完全に足が止まってしまい、プレスが遅れた結果だと思います。システム的問題なのか?問題視されていたスタミナの問題なのか?スタミナの問題だとしたら問題だと思います。