大宮応援生活-The Orange Time-

大宮アルディージャの応援ブログです。

第25節vsジュビロ磐田

駒場スタジアムに行ってきました。前節のさいたまダービーの勢いをそのままに進んだ試合でしたが、結果は、大宮アルディージャ0-ジュビロ磐田で負けてしまいました。

前半磐田の攻撃を封じ込め、試合を優位に進めるアルディージャ。しかし、何度か決定的なチャンスを作るも決め切らず、前半を0-0で折り返します。後半に入っても堅い守備で磐田の攻撃を封じ込め、優位に試合を進めるアルディージャでしたが、マルケスの運動量が落ちてくると、徐々に攻撃を組み立てられなくなります。すると、71分、セルフジャッジ気味のボールを拾われ失点してしまいます。しかしそこで監督の下した采配は、まだ36分しかプレーをしていない橋本に代えて桜井。この采配によりパスの出し手とフリー(コーナー)キッカーを失ったアルディージャ。慌ててマルケスに代えて吉原を投入するも、時すでに遅し、さらに追加点を奪われ0-で敗れてしまいました。

「監督が選手の足を引っ張ってどうするんだ!」そう叫びたい試合でした(叫んだかも・・)。1点ビハインドのあの場面、どう考えてもマルケスの交代が優先されるべきだった・・仮に中盤の運動量を上げたいのだったら、橋本ではなく主税だったのでは・・そう考えると腹が立ってなりません。