大宮応援生活-The Orange Time-

大宮アルディージャの応援ブログです。

第4節vs清水エスパルス

駒場スタジアムに行ってきました。ナビスコカップ2連勝。この勢いに乗ってリーグ戦初勝利といきたかったのですが、結果は、アルディージャ1-清水で負けてしまいました。

前半清水の早いパス回しとドリブルに翻弄され、なかなか自分たちのサッカーができないアルディージャ。攻められる場面が多くなります。それでも何とか守りきれるかと思った、35分、ゴールを決められると、44分にも追加点を奪われ、前半を0-で折り返します。後半、攻め疲れか、守りに入ったのか少し動きがとまった清水に、ようやく自分たちのサッカーができるようになったアルディージャ。ここでロバート監督のとった策は、森田、エニウトン、サーレスを投入しての30分間のパワープレーでした。エニウトン、森田、吉原、サーレスの4トップで清水ゴールへ迫るアルディージ、しかし、決定的なチャンスはあったものの、サーレスの厳しすぎる一発退場の判定(家本主審)もあり、1点(森田)しか奪えず、1-2で負けてしまいました。

やはり大悟斉藤の抜けた穴は大きい。特に斉藤雅人の抜けた穴は大きいと思う。どうしても中盤にためができない。今日の試合にしても、マークの厳しい藤本にばかりにパスを出して、試合を難しくしている場面が多々あった。もっと効果的にサイドチェンジができていれば、もっとチャンスがあったのではと思う。なんとかその辺を慶行、佐伯に頑張ってもらいたいのですが・・・